トップページ > シザコンサルティングとは > 資金繰り・金融機関交渉支援

資金繰り・金融機関交渉支援

このような悩みはお持ちではないですか?

  • ・数か月後に資金がショートしそうだ
  • ・損益はトントンが続いているのになぜか現金が減ってきている(あるいは借入金が増えてきている)

  • ・資金繰り表の作り方・使い方がわからない
  • ・金融機関との付き合い方に不安がある
原因をつきとめて対策を打つことが重要です

お金の動きは損益とは一致しません。利益が上がっていても資金が足りなくなると、いわゆる『黒字倒産』となってしまいます。

資金不足に陥らないためには、まず「資金繰り実績表」を作成し、資金が動いている要因を把握することが重要です。 例えば、「利益があがっていないのか」「在庫が増えているのか」「売掛サイトが長くなっているのか」「借入金の返済ピッチが早いのか」といったものです。

さらに『資金繰り予定表』を作成して、いつごろに資金が足りなくなりそうなのかを事前に把握することで、余裕を持って対策を打つことが出来ます。

「お金のことを考えると不安で・・・」という経営者の声はよく聞きますが、資金の動きが事前にわかることだけでも、心理的にも随分と楽になるようです。

実施のポイント

・資金残高は「平均」ではなく「ボトム」を見ることが大事です。一度でも「ボトム」がマイナスになってしまうと資金ショートになってしまうからです。

・資金は季節や月によって大きく上下します。そこで、たとえ今時点である程度の資金が手許にあるとしても、「一年間分」の資金繰計画表を作成し、いつ頃に資金が足りなくなりそうか、を事前に見極めておきます。

・金融機関に資金調達や返済猶予のお願いをしたとしても、審査には一定の時間がかかります。資金繰計画表をし、早めに動くようにします。

弊社が出来るサポート

貴社と一緒に資金繰り実績表、資金繰計画表を作成致します。これにより、資金不足となっている原因を分析し、対策を検討していきます。また、必要があれば金融機関向けの提出書類の作成、交渉の支援を致します。

資金繰り・金融機関交渉支援 イメージ

資金繰り・金融機関交渉支援 【 過去のキャッシュフローの分析 】【 資金繰計画の策定 】資金繰り・金融機関交渉支援 【 資金繰計画イメージ 】
kintoneを用いた業務サービス構築システムのご案内

PICK UP

  • 代表者紹介
  • 主な実績
  • 著者・出版物

TOPICS

  • メールマガジン
  • ブログ